車を買い換えたきっかけや体験談

自動車の運転免許を取得したのは良いものの欲しいと思っていた車は販売されたばかりでとても高級な車でした。そのため、当時たくさんの貯金のなかった私はすぐに車を購入することができず、一生懸命にバイトを掛け持ちして貯金はすることに励んでいました。1年ほどバイトを頑張ってようやく貯金することに成功し、憧れの車を購入することができたのですが、それまでは家族の車を時々借りて運転していたりしたので全く運転していなかったわけではなく特に、怖いと思うようなこともありませんでした。自動車の運転免許を取得してから初めての車というのはとても緊張すると言われていましたが、私の場合には家族の車を運転していたため、緊張感が薄れていて、ある程度余裕をもって運転することができました。

目的を持って一生懸命に貯金をしたというのが私の中で初めての経験だったので、今となっては本当に良い思い出となっていました。やはり本当に自分が乗りたいと思う車に乗るのが1番だと思いますし、貯金をして自分で車を購入した際の喜びというのはいつになっても色褪せることはありませんね。現在はその車を手放し、違う車に乗っています。今でもあの時なっていて車を思い出すことがあります。とても大切に乗っていて、いろいろなところに一緒に出かけた良い思い出がたくさんあります。

新しいタイプの車にひとめぼれ

私は今まで乗っていた車のモデルチェンジが発表された際に一目ぼれをして、絶対に購入したいと思いました。しかしすぐに購入するには費用が足りなかったのでドレスアップなどを考えながらコツコツと貯金をして新車ではなく中古車で購入しましたが、自分の思い通りにドレスアップをして乗ることができるのでとても嬉しいと思います。近年では自動車を購入する際にもスーパーローンなどを組んで購入する人も多いのですが、私の場合にはローンを少しだけにして残りはほとんどキャッシュで支払いました。その方が気持ち的にも楽だし、ドレスアップをするにもドレスアップパーツを購入する部分にたくさんの費用を充てることができて良いと思っています。

貯金をしている間はとても大変で色々と節約をしたりしなければなりませんでしたが、新しい車を購入したいという強い思いがあったので挫折することもなくしっかりと貯金することができました。車を購入した際にはとても達成感があり、今まで乗っていた車は短い期間しか乗っていませんでしたが、その分高い値段で下取りをしてもらうこともできたし、一目惚れした車に乗ることができて本当に嬉しいと思っています。